スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ IK Amplitube Jimi Hendrix

2015年06月07日 10:34

DAWホストを超久々に立ち上げ。
長年の放置の結果、ホストやプラグインがUPDATEされてて、かなりの浦島状態に・・・。
気付いたらIKのAmplitube「Jimi Hendrix」が「Cusutom Shop」に統合されてた。

「Jimi Hendrix」は32bit版しかリリースされてなくて、Cusutom Shopに統合されることで64ibit化でステキ!と思ってUPDATEしてみた。

統合したと言っても元々DLLファイルが別モノなんで、Jimi Hendrixが消えてなくなることはなく、Cusutom Shop上にJimi Hendrixのパラメータ(プリセット)が追加される形になる。

そこで念の為、両方を立ち上げて、同じプリセットで音を比べてみたのが、下記の画面。

Amplitube Jimi

キャビネットのGUIなどは変化があるけど、基本はほぼほぼ同じです。
ただ同じパラメータ設定にしても、音が違うんですよね。
ニュアンス的には微妙に違うというんじゃなくて、何かのパラメータをどっちかが通過してないという感じなんだけど、どのパラメータか判らなかった・・・。

以前のプロジェクトのどれに「Jimi Hendrix」を使ってるか?そもそも使っていないのかも憶えてないけど、旧プロジェクトの再現性を担保するなら、一生「Jimi Hendrix」をDelete出来ないってことっすね。
一度、細かいパラメータの違いを見ていくしかないけど、面倒じゃのう。
スポンサーサイト

◆ 最近のXLNは【いいね!】ボタンクリックだ

2012年12月09日 01:17

最近のXLNサービスが優秀なんで久しぶりにブログで絶賛しておこうじゃないの!ということで3点。

最初はGuitar, Meet Drums!企画で「Peavey ReValver HPse」をFreeで提供という太っ腹なプレゼント情報。

Peavey ReValver HPse

ReValverは結構評判良いみたいだけど持ってなかったんたんでナイスですな。
Free版の割りに制限が少なめで、Stand Alone版も使えるし文句なしだ。


お次はこれまたFree版の「Addictive Keys」。
まあこれは最新トピックではないけどね。

Addictive Keys

Free版はSteinway Model Dシミュ「Studio Grand」音源で88鍵中49鍵しか使えないけど、購入前に操作やGUIを確認できるのでインストールしておいて損はない。
Addictive Drumsと同様に軽いのも良いっすね(Free版は0.5GB)。
DrumsにはStand Alone版は無いけど、このKeysにはStand Alone版も実装。


そして最後にインストーラ。

XLNインストーラ1

64bit対応と同時にインストーラが一新されたけど、これがかなり優秀作。
結構動作が軽快でWEBサイトでプラグインを購入するとインストーラに自動で反映されるし、更新も楽々。
またそれ以上に便利なのが音源とプラグインの格納場所それぞれをワンタッチで変更できるところ。

XLNインストーラ2

変更する先を選んで「APPLY」ボタンをクリックするだけ。
どんどん便利になって良いですな!

◆ jBridge1.5へUPDATE

2012年04月19日 10:45

jBridgeのJoão氏よりUPDATE(1.5)のインストーラが届いた。

Bridge通す全プラグインを再設定するのも面倒だなと思って数日放置してたけど、よくよく見ると、UPDATEファイルを上書きインストールするだけで、再設定作業は不要とのこと!

"You can install this update over your existing installation without the need to re-create the briding files."

ナイス!ということで上書きインストールしたところ、1秒で完了。
無償UPDATEだし、ナイス対応の開発者だ。

◆ Rough Rider 64bit版(Free VST)

2012年03月12日 22:59

前からお気に入りのFreeプラグイン(コンプ)の64bit版がリリースされていたので、32bit版と差し替え!

Rough Rider (by Audio Damage)

Rough Rider

これはコンプなんだけど、潰す時の味付けとして持ち味を発揮するコンプなんですね。
とてもお勧めであ~る。

ということで簡単なサンプルトラックを作ってみた。
ドラムトラックに2小節づつコンプの掛かりを深めていってるんだけど、潰れた時の「いかにもコンプ掛けてます」感がナイス。
下記の5~6小節(00:23~)は"Gone Nuclear"ってプリセットをちょこっといじってみたんけど、歪ながらスネアの残響が持ち上がる感じが好きですわん。

1~2小節(00:03~):ドライ
3~4小節(00:13~):NY Compression
5~6小節(00:23~):Gone Nuclear
7~8小節(00:33~):Full Monty

■Rough Riderサンプル


◆ 64bit Free VSTプラグイン(ToneBooster)

2011年11月23日 23:18

引越しやモロモロで長らくDAWから離れまくってたけど、本日からサンレコ12月号のミックスコンテスト作業開始!
それに伴いアプリのUPDATE作業で結構な時間が掛かったけど、それはそれで楽しいですな!

UPDATEついでに64bit版のFree VSTをKVRでチェックしてたら、ちょい気の利いたプラグインを発見。
ToneBooster社の「TB TimeMachine」。

Tone Booster VST

bitとサンプルレートを変化させるLo-Fi系でお手頃なやつを探してたんだけどFreeながら結構良質な感じ。
そして64bitネイティブってのが嬉しいところ(この世がすべからく64bitになりますように!)。


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。