スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 東京フィルハーモニー交響楽団 @ オーチャードホール

2012年03月19日 12:09

クラシックは全くもって門外漢だけど、東京フィルハーモニー交響楽団第813回定期演奏会(2012/03/18)を鑑賞へ!
結論としてはもうちょい事前にネタを仕入れていけば、当日もっと楽しめたに違いない(反省)。

■出演
・指揮:山田和樹
・ピアノ:小山実稚恵

■演目
・伊福部昭:交響譚詩
・ラヴェル:ピアノ協奏曲 ト長調
・ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14

素人な私としては当日の演奏順が上記順かも判別できないくらい素人ですがね・・・。
技巧なラヴェルや重厚・迫力なベルリオーズも現場は拍手喝采だったけど、軽快・軽妙でPOPチューンな伊福部昭「交響譚詩」が一番楽しかったわん!

山田和樹は若手のようだけど、良い意味で漂々としたところがありますな。
そんな点を含め「結構やりおるわい」ということでライブ体験できて良かった。


■伊福部昭「交響譚詩」
指揮:外山雄三(NHK交響楽団)バージョンをお楽しみください!




こちらは指揮:山田一雄(東京交響楽団)バージョン!



スポンサーサイト

◆ Body & Soul 南青山 ♪Featuring 情家みえ

2012年02月19日 13:19

といういことで久々のBody&Soul
2/16(木)に情家みえさんVocalのライブショーに行ってきました。
形式的には「金子健トリオ」にFeaturingの形になるのかな?

■2/16メンバー
金子健:Bass
中嶋錠二:Pf
今村健太郎:Drums
情家みえ:Vocal

そもそも名前が変わってて「情家=じょうけ」と読むんだけど、四国出身とのことでもしかしたらとても由緒ある系の家系かも?

実は情家さんとは20年来のお知り合いでして、今回の祝Body&Soul一発目のライブで久々の再開。
愛の詩をしっとり歌い上げる素敵なひとときを堪能でした!

一発目を見れたのは今後のリファレンスとしてナイスな体験で、どんな感じに進化していくのか今後が楽しみです♪



後半には飛び入りでドラマーの海老沢一博さん登場!
やはりこのオッサン、タダモノではなくて、グルーブというか空気が激変。
バンド全体のドライブ感がいきなりフルスロットルされた感じ。
若者には真似できない貫禄&職人芸ですね。

海老沢さん&マイワイフと記念撮影(パチリ!)

◆ Summer Sonic 2011(13 Sat)

2011年08月13日 23:55

フェスにしては非常に小さい話だけど、Beach Stageの「Village People」と「遠藤時代」が良かったね~。
友達の友達グループと合流しての共有体験だったってのも楽しかった理由。
夏フェス打ち上げのBBQも楽しみね。

Def Techの爽やかな流れをゲテモノ空気に変質させるべく「遠藤時代」が登場。
「遠藤時代」はSpecial Guest扱いの半シークレットだったけど、「Village People」のオープニングアクト的な感じの順番が良かった。
オネエでない本物の女性も混じっているようだけど、メンバー詳細情報も知らないし演出的に微妙なラインで「あれ、「この娘可愛い!」って思ったらヤバイのか?」ってスリリングな面も楽しめた。

Summer Sonic 2011 遠藤時代



そして「Village People」登場。
解散してたのか?、継続してたのか?、メンバーはオリジナルか?とか全く周辺情報は知らないけど、往年の衣装(キャラ)は最高。
Gimme Some Lovin'、In The Navy、GO West、YMCAと知ってる名曲?揃い踏みが嬉しい。

Summer Sonic 2011 Village People

◆ Body & Soul 南青山 vol.6 ♪ラテンJazz

2010年10月19日 23:55

本日は番外~ラテンJazzライブ。
職場が引っ越したこともあり、長らく行けてなかった「横山達治@Body & Soul南青山」です。
今回はかなり特Aクラスの飛び入りゲストありの濃厚仕様。
まあカッコ良かったんだけど、痛恨の極みはデジカメを忘れたこと。
友人の水野君の携帯で記念写真を撮ってもらったんでけど、解像度が・・・ヒドイ携帯です。

横山達治 (percussion)
福井友美 (piano)
織原良次 (e.bass)
里見紀子 (violine)
Tommy Campbell (drums)
----------------------------
Benny Green (飛び入りpiano)
岸田恵士 (飛入りcowbell)


里見紀子
まずは里見紀子さん。何なんでしょう、この才色兼備ぶりは。
美人で、スタイル良くて、演奏は上手くて、JazzもClassicも両方出来て、芸大出身でと、なんて萌えなんでしょう。
Jazzで萌えってのも微妙だけど、ステキ。


Benny Green
結構なハイライトになったのが飛び入りPFのBenny Green。
かなり圧巻な演奏を披露してましたよ。
飛び入りなのに「前へ、前へ」的な超アメリカンマインドなところも凄いけど、まあ音がガツンときてました。
福井友美さんとの違いも楽しめて、ラッキー感満載。


岸田恵士
岸田恵士さんも終盤に顔出されてましたが、演奏はカウベル叩くだけだった。
どうせなら岸田さんのドラムも聴きたかったな。
それにしても洒落者、こんなオヤジを目指したい。


以下バンマスの横山さんをはじめ、出演ジャズマスターたちと記念にパチリ。
横山達治

福井友美

織原良次

Tommy Campbell



兎にも角にもカッコよかったです。来月もレッツゴー!

◆ Body & Soul 南青山 vol.5 ♪ラテンJazz

2008年08月26日 00:57

本日は番外~ラテンJazzライブ。
このブログからDAWネタが無くなって久しい…。

今月も定番、「横山達治@Body & Soul南青山」です。
今回も飛び入りゲストありの濃厚仕様でした。ゲストはDrumsのTommyさんの友人の俳優・歌手の"Obba Babatunde"さん。
そして基本メンバーは同じで、今回のフルートは井上信平さんに代わり、太田朱美さん。

横山達治 (percussion)
福井友美 (piano)
箭島裕治 (e.bass)
太田朱美 (flute)
Tommy Campbell (drums)
----------------------------
Obba Babatunde (ゲストVocal)


今回は聴いたことがないレパートリーが多くて新鮮。
そして2部でゲストのObba Babatund醇Pさんが紹介され、イパネマの娘を披露。
さすが俳優というか、エンターテイナーというか、客を楽しませるネタが幾つも出てくる。
歌はしっかり聴かせつつも、ネタ(&ダンス)満載で会場の爆笑をとってました。横川さん、Tommyさんと並んでプロはとても「楽しい」。
アンコールとしてもう一曲披露(Jean Jeanって言ってたけど、不明)。

終わったあとにBabatundeさんとちょこっと話したんだけど、気さくなナイスジェントルマン。
自身はアメリカ国籍だけど、ご両親はナイジェリア出身とのことで、祝スーパーイーグル準優勝@北京ですね。
後でこのブログを見てくると言ってたのでメッセージ。

to Mr. Babatunde;
I have really enjoyed your sing & dance at Body&Soul!
I respect your professional skill that you know how to entertain audience.
Please have a fun and enjoy your vactaion at Tokyo!!

※ちなみに来月は8/26(金)で同じメンツらしい!!


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。