スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ Cドライブ用SSD入れ換え

2014年04月13日 22:31

2011年の春に自作したPCのCドライブの残容量がついに3GBを切ったので、ドライブを入れ換えることにした。
SSD 80GB → SSD 240GBへ!
まあCドライブ用だと240GBもいらないんだけど、空いてるSSDが家にあったので、それを使うことにした。

自分のPC構成(Win7)は下記;
  • C: OS用
  • D: Data用
  • E: Plugin音源用(RAID 0)

入れ換えの際の懸念事項は下記の2点;
  1. Cドライブが正常に移行できるか
  2. DドライブおよびEドライブが正常に認識されるか

そんでもって、やり方は色々ありそうだけど下記のブログが凄く参考になった。
http://did2memo.net/2013/08/08/windows-how-to-change-c-drive-ssd/

DAW的に超重要な懸念事項の2番目がどうなんのか良く判らなかった。←結構不安
ただ考えても答えは出なさそうだったんで、やってみることにした。

■結果
Cドライブの入れ換えの手順は上記のブログの通りなんだけど、DドライブとEドライブのプラグを物理的に抜いて実行しました。
結果は良好でCドライブが復元された後にシャットダウンし、DドライブとEドライブのプラグを繋いで再起動したら、ちゃんとDとEがそのまま問題なく認識された!ほっと一安心
他にもやり方は色々ありそうだけど、物理的にプラグを抜くってのが一番安全かもしれない。
バックアップは取ってはあるけど、DとEのデータ損失リカバリーは面倒くさいしね。

だた注意点はCドライブを入れ換えた後でも、ドライブの容量は旧ドライブ情報をそのまま引き継いでいるので、容量は増えてない点です。
「Myコンピュータ」右クリ→「管理」→「コンピューターの管理」→「記憶域」→「ディスクの管理」からCドライブの「ボリュームの拡張」を行ってやらないといけない。
Cドライブの右クリから「ボリュームの拡張」を選択します。
拡張の設定で「最大容量」にしてやれば、ドライブの余り容量を全てCドライブにマージできます。

無事にC、D、Fが正常機能で一件落着~~!
スポンサーサイト
[◆ Cドライブ用SSD入れ換え]の続きを読む

◆ ハスウェル君を探して

2013年07月14日 11:27

悩んだところで故障したPCが治るもんでもないけど、色々悩んだ結果、Haswell導入しかないかなと。
今時だからMacもありかと思ったけど、もう一世代Winで行ってみることにした。
理由は単に慣れてるってだけです。

でも故障がHasswellリリース後で良かった。
故障PCがSandyだったから、Ivyに移行だとすると勿体無い感がハンパないもんね。

そしてOSはWin7 64bitの現状維持。
こちらの理由も互換性とかプラグインのWin8対応状況とか調べるのが面倒だから。
ほぼほぼWin8でも動くらしいけど、Win7での不満は何も無いのでね。

■マザーボード
ASRock Z87M Extreme4 を選択。
ケースが使い回しで、MicroATXになっちゃうんだけど、コンデンサーが日本製ってのが選択理由。
16,600円前後

■CPU
Core i5 4670 を選択。
DAW用なんでi5で良いかなってのと、結局自分の趣味的にOCはないから、K無しで。
22,300円前後。

■Audio interface
Steinberg UR28M を選択。
今使ってるのがechoのPCI接続なんだけど、安定感に少々不満があるのと、今時PCIありきだとマザボの選択肢が狭くなるので、USB接続で評判良さそうなこちらを選択。
なんといってもお安い。
30,000円前後。

さて組むのは来週末、セットアップは再来週末ってとこか。
ちょっと面倒臭いサマー2013

◆ Win7マシンご臨終か?

2013年07月06日 16:22

2011年5月に組んだ自作Win7マシーンが動かなくなった。
2年はちと早くねーか?
BIOS画面すら立ち上がらない。
マザボが死亡っぽい。

最近週末DAW作業を復活させてただけに、この故障は痛い。
新PC組むにしても情報収集にPCが無いととても不便だ。

合言葉はファック・ユー!

◆ WEBサイトをデザインリニューアル

2012年06月23日 16:01

またまたDTMと無関係だけど、WEBサイトをデザインリニューアル!

まあ昨今のトレンド?に従ってリキッド&「とりあえず透過にしときゃいいだろ?」的に透過を多用。
その場合に重要なのはデザインどうのってことより「背景画像」ってことにて、Nine Inch Nailsの壁紙を流用させていただきました。
レズナー先生ありがとう!

jskc WEB

こういうレイアウトが便利な点は、背景画像を気分に応じて変更するだけで、ガラリと雰囲気が変えられる点(画像読み込みが重くなるけどね)。
持ってないから判らんけど、タブレットでも上手いこと表示されますように!

◆ アコーディオン効果 JSでゆっくり開閉

2012年06月12日 12:49

引き続きDTMではない訳だが、WEBの知識は何かとDAWに良い影響をもたらすということでHTMLお勉強。
よくある「クリックするとBOXがゆっくり開く・閉じる(アコーディオン効果)」ってやつをやってみた。

検索したらjQueryとかじゃなくて、極小の独立JSファイルで実装するサンプルがあったので、そちらを流用。
ここで意味もなくポールさんに登場してもらいましょう。



■オリジナルDEMO(複数親BOXと複数子BOXが可能で秀逸!)
http://sandbox.scriptiny.com/javascript-accordion/index.html

■オリジナル概要説明(英語)
http://www.scriptiny.com/2009/03/accordion/

■サンプルソース一式DL
http://forum.leigeber.com/index.php?app=downloads&showfile=5

■カスタマイズ豆知識
アコーディオン効果のスピードを任意設定するには、 script.js の29行目
"function su(c){c.t=setInterval(function(){sl(c)},20)};"の「20」って数値を変更すればOK。
数値を上げると開閉スピードが下がります。

またオリジナルDEMOのように複数の親・子BOXを使う場合、HTMLソース下部のJavaScript記述の下記を調整すると色々お得な感じになる!
"parentAccordion.init("acc","h3",X,0);"
X部分を1にすると:親BOXがどれか一つだけが開いて、他BOXを開くとも元BOXが閉じる
X部分を0にすると:親BOXの開閉がそれぞれで影響し合わない

"parentAccordion.init("acc","h3",1,Z);"
Z部分を-1にすると:デフォルトで親BOXが全閉じ
Z部分を0にすると:デフォルトで1番目親BOXが開く
Z部分を1にすると:デフォルトで2番目親BOXが開く
Z部分を2にすると:デフォルトで3番目親BOXが開く

ちなみに"nestedAccordion.init("nested","h3",1,-1,"acc-selected");"の方は子BOX用だけど、数値設定の要領は親BOXと同じです。


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。