スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ サンレコ 2012年5月号「アレンジ・コンテスト」

2012年04月16日 13:13

~サウンド&レコーディング・マガジン 2012年5月号~
正に!当に!自分好みの「アレンジ・コンテスト」だ。
実はまだ雑誌未購入でVocalデータは視聴してないけど、これはヤル気が出る企画だ!

サウンド&レコーディング・マガジン 2012年5月号

http://www.rittor-music.co.jp/magazine/sr/12121005.htmlより抜粋

同一のボーカル・トラックを第一線で活躍中のアレンジャー5組に渡し、“このボーカル・トラックを使い、オリコンもしくはビルボード・チャートのトップ10に入る曲になるようアレンジしてください”と依頼。原曲のアレンジを明かさないまま、各人に作業を進めてもらいました。アレンジに際しての禁じ手は、メロディを改変したり新たに加えることのみ。構成やテンポ、ハーモニー・トラックの変更など、あらゆる作業を可能としました。

そして読者の方々に向けて、同じ条件でのアレンジ・コンテストを開催します!


前回のリミックス企画で箸にも棒にも引っかからなかった私ですが、今回こそは「結果」を求めてみようじゃありませんか!
買う前、読む前、始める前からウホウホ~~。

おっと、先走る前にまずはギターの弦の張替えからだな・・・。
スポンサーサイト

◆ サンレコ・リミックスコンテスト2011 落選(T。T)

2011年07月15日 21:21

今月(8月号)のサンレコはリミックスコンテスト2011の結果発表!ということで早まる気持ちを抑えつつ本屋に走ったわけだが、結果は落選(T。T)

ただ今回は受賞作品をWEB上(SoundCloud)でストリーミング出来るというナイスな状況。

ということで受賞作品を聴いてみた。
う~む、さすが受賞作品はレベル高いな・・・。
自分のリミックスも負けてない部分はあると思うけど、細かいディテールの積み重ね、追い込みの量が最終2mixの違いとして表れてるのは明白。orz

いや~、正直に言えば今回は受賞する気で本気で望みましててね。
そこので完敗にて言い訳要素無しです。
次回(来年)はディテールの追い込みという「執念」の面でリベンジだ!

■僭越ながらマイ・リミックス(jskc)



■最優秀リミックス
001_tanabata_remix by Sound & Recording Mag.


■優秀賞リミックス
002-1_horie_remix by Sound & Recording Mag.

↑これのイントロ~導入はぞくぞくキタ!


■優秀賞リミックス
002-2_ogura_remix by Sound & Recording Mag.


最後にサンレコおよび曽我部さん、楽しみをありがとうございした。

◆ 「J-POPな曲タイトル」を考察

2011年06月10日 20:47

週刊文春(6/16号)の水谷 静夫著「曲り角の日本語」についての記事。
ちょっと面白いことが書いてあった。
最近のCMなどで、純粋な名詞を形容詞的に使うなどの、言葉の揺らぎに興味があるとのこと。

例では「旬な女」とか「バージンな肌」とかで、これらは本質的に「犬な男」といったような使い方と同じだという点を指摘している。

今となっては「旬な女」とか「バージンな肌」には違和感なく馴染んでるけど、これを上手く使うと「J-POPな曲タイトル」としては、微妙なフックになるんじゃないだろうか。

・雑踏な白昼夢
・月光な殺意
・少年時代なラブレター
・アイシュタインな時間旅行 とかとか

そこでプっと嗤った人!確かに水谷先生の解説後に読むと、「センスが、w」的なことになるけど、いきなり見せられたら妙な違和感(フック)が残ると思う。

まあ、後はセンスの問題なんで、各々センス良くまとめてくださいませ~。

◆ サンレコ Mixdownコンテスト2010 一次審査

2011年03月15日 21:36

さて本日発売の4月号だけど、昨年の2010年12月号の「Mixdownコンテスト」の一次審査の発表あり。
ドキドキとページをめくると、一次審査パスの15名に自分の名前が!
とっても嬉しぃ~っす。

完全希望的推測だけど、来月の最優秀賞に選ばれなくても、一次審査パス者には評価レビューが載るのでは?
まあダメ出し評価はオブラート包んで本音は掲載されないだろうけど、評価コメントは楽しみだ。

あと福島県のDTM野郎(TooLさん)も一次パスだ!
TooLさんの状況は皆目見当つかないけど、Keep On Rockin'!!!

◆ サンレコ Mixdownコンテスト2010

2010年12月26日 20:45

毎年恒例のSound&Recordingマガジン12月号のMixdownコンテスト。
12/31締め切りなんだけど、今週末が締め切りまでの最後の週末なんで土日をかけて完了。

リズムのアプローチに迷い迷って、結局はかなりのカット路線。
結果ミックスよりリミックスのニュアンスが強くなった。

自分でも気に入ったのが、ボーカルの声色を変えたところ。
英詩ということもあって、「本格派」的なニュアンスが強いと、ちょっとよろしくないかなと。
若い感じにしてみた。



最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。