スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 山下達郎「Ray Of Hope」

2011年08月14日 23:02

山下達郎の新譜「Ray Of Hope」を購入。
たまたま店に通常版が置いてなかったので秘蔵ライブ音源の特典付(joy1.5)初回限定盤をゲット。

山下達郎「Ray Of Hope」

実は自分は恥ずかしながら山下達郎初心者で今回が初CD。
なんとなく今まで縁が無かった。

まずコンテンツ内容や山下達郎のアーティストとしての信頼度など横に置くと、日本版CDは改めて高すぎる。
洋楽輸入CDの倍の値段ってのは何を理由にしてもボッタクリ。

さて内容だけど良い、とても良い。
今まででも判っていたことだけど良い音楽の条件を全て満たしてる。
優秀なアーティストが「真摯」に作った音ってのがビシビシ伝わってくる。
また良く出来た日本語詞は洋楽にない浸透力がある。

■山下達郎初心者に嬉しい内容
・「アトムの子」Live版が聴ける
・サマーウォーズの主題歌「僕らの夏の夢」が聴ける
・もはや究極職人芸の一人アカペラ「バラ色の人生」が聴ける

和洋問わず、最近購入のCDの中じゃダントツに良かったっす!
スポンサーサイト

◆ David Bowie "Ashes to Ashes"

2011年03月21日 22:59

Youtubeを流して観してたら、David Bowie "Ashes to Ashes"のライブに辿り着いた。
何の気なしにクリックしてみたら、これは凄い良い!
スタジオ版の良い面とライブアレンジの良いがもの凄く上手くブレンド。

名盤Scary Monstersを聴いてた青春の日々が走馬灯のように・・・、嘘です。
そんな思い出すほどの素晴らしい過去は持ち合わせてないけど、Serious Moonlight Tour(Let's Danceツアー)は生で観てるんですよ(Singaporeで、テヘヘ)。
その時のツアーギターリストののEarl Slickもいる!



This is when I used to have a clown's hat.
Nice..., nice pointed, pointed hat, like a..., like a pierrot.
No, wasn't like a pierrot.
It was a..., is the other clown with a white face clown, right?
What is it called?
"X%$#NVENS&E#O!!!"
I believe you, I believe you like I so believe you, like I SO REALLY believe you!
I do so, anyway, this one comes to appear "The Clown Hat".
And..., you don't know what I'm talkin' about it!!!
I don't blame you, do you know what?
It's really not worth understandin' anyway.
This is called "Ashes to Ashes".

David Bowie, Ashes to Ashes

◆ The Social Network

2010年09月23日 01:25

お盆休みどころか、休日出勤が続いてストレスフルな今日この頃。

そんな中、NINというかTrent Reznorだが、David Fincher監督作品「The Social Network」(2011年1月日本公開予定)用のフィルムスコアをリリース。
レズナー先生らしく今回も全19曲中5曲をフリーダウンロード公開してます。
さすが相変わらずのネット時代を牽引するアーティスト。尊敬します。

映画自体は巨大ソーシャル・ネットワーク"facebook"の創業過程をドラマ化した内容でらしいので、ネットと親和性の高いレズナー先生がフィルムスコアを担当するのは至極真っ当な人選だし、フィンチャーテイストの絵とも相性が良さそう。

DLの5曲は全てインストでいつものレズナー節。
5曲目「Soft Trees Break the Fall」の音使いが癒し的な明るいシーケンスで始まるので「お!意外」な印象ながらシーケンスを保ちつつ抑圧系レズナーワールドに移行して締めるあたりは、真似できそうで真似できない味わい。

さすがにIT先進国のアメリカの映画だから、邦画で用いられる最悪ステレオタイプなネット描写はないだろうけど、基本的にネットの是非や意義を問う映画というよりは、創設に関わった人々の群像劇っぽい印象(何の根拠もないですけど)。
そこを根暗フィンチャー監督がどう表現するか。映画公開が楽しみ。

そして自分も"facebook"アカウントを持ってるが、全く使ってない、使い道も思いつかない・・・。

◆ 城南海

2010年06月05日 00:39

全く知らなかったがテレビで「城南海」なる奄美出身のシンガーが唄ってた。
DTMやってるとついつい演奏力を機械に頼って退化が著しいけど、やっぱ生演奏力は重要っすね・・・。

ってDTMにこじ付けてみたけど、実はそんなのどうでもいい。
単純に、且つ強力に可愛いすぎる。
そして本当に楽しそうに唄うね。

岩清水じゃないけど、死ねるよ。
「君のためなら死ねるリスト」に追加した。



こっちの「ピアノ」って曲は良い曲ながら突っ込みどころがあって面白い。
0:51~のマイク両手持ちと、1:24~の人差し指。
あんたアイドルじゃないんだからさ。
でも舌足らずなしゃべりがアイドル並みに可愛いから萌えってことで。

◆ 前から気になってた曲

2010年01月09日 20:00

今更ですが、あの曲は誰の何て曲?って気になってが、昨日テレビで解った。
プラダを着た悪魔の主題歌で「Suddenly I See」 by KT Tunstall
それにしてもカッコいい曲&アレンジだ。
リリースから5年も経つんだね。

・Aメロの節回しが黒っぽいけど、声がファル気味の白人。
・味付けはR&Bではなくロックなんだけど洗練された感じ。

これらの印象からてっきり「アメリカ白人男性(東海岸)」かと思いきや「女性スコットランド人」だったんすね。
歌詞も「あの娘は素敵」って感じだし。

多分自分が作りたいのはこんな方向性なんだなと思った。



最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。