スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ いざ稼動(PC、Cubase LE、FW-1082)

2008年02月24日 01:48

もろもろ届いた機材、ソフトウェアを稼動タイムがやってきました。

場所がないので、各機器を床置きで開始。

DAW専用新PCのセットアップからなんだけど、いきなり躓いた。
どうやらネット接続の契約がPC1台だと思われ、繋がらなかった。
明日サポートに連絡してみる。

いまどきはネットが無いとソフトのオーサライズが出来ないから、いきなり難航だ。
Addictive Drumsも後が面倒そうだら、ネットが繋がるまでお預け。

まずはCubase LE
音は鳴りました。エフェクトも掛かりました。
PCもサクサク動くので、MTR音源を再MIXしてみたくなった。
詳しい使い方は今後の課題だ。

じゃあ次はインターフェイス/フィジコンのFW-1082
音は鳴りました。音質は良好です。
しかし、Cubase LEをコントロールできないぞ。
音が出るだけだ。フェーダーもPLAY/STOPも効かない。
ネットが繋がったらAdobe Reader落として、マニュアル格闘っすね。

あとケーブルが無くてTAPCO S5にも繋げないや。
コンポとの接続も変換ケーブルとか必要だ。
一気に全機材を設置したいけど、スペースが…。

スポンサーサイト

◆ XLN AUDIO Addictive Drumsをポチッと

2008年02月20日 23:42

DAWの肝はリズムトラックというこで、高い買い物をポチッと通販しました。
いつものSound Houseさん。
XLN AUDIO Addictive Drums!!!

デモサイトで聞いた中では、一番好きな感じだった。
打面のランダム感を期待したいところ。

【商品】XLN AUDIO Addictive Drums
【対応プラグイン】AudioUnits、VST、RTAS

本体:30,800円

DAW開始前の出費合計は現在のところ291,280円
少々恐くなってきた。

◆ 次なるはオーディオインターフェイス

2008年02月19日 00:27

今の自分は昔自分が軽蔑していた典型だ。
道具に金を払って、まともに使いこなさない感じ。
DAW移籍後、結構な金額をつぎ込みながら、まだ全く何にもしていない。

DAWソフトをどれにするか深い悩みの世界にはまってましてね。
またMIDIキーボードもYAMAHAかEDIROLかで迷ってますよ。
おまけに両方とも現物在庫がない始末だし…。

YAMAHAならCubaseだし、EDIROLならSonarが順当なんだろうけどね。
最初はYAMAHAのKXシリーズで行こうと思ったんだけど、Sonarの方が安くつくような気がして今イチ踏み切れん。

その悩んでる間に環境構築とういうことで、オーディオインターフェイスをご注文。
いつものSound Houseさんです。
素人のくせにコントローラーにこだわってみました。

【商品】TASCAM FW-1082
【接続】FireWire IEEE1394
【ビット・サンプリング】24bit/96kHz対応
【入出力】10入力(アナログ8、デジタル2)、4出力(アナログ2、デジタル2)
【ドライバ】ASIO2.0、WDM、GSIF2(AUDIO)、MME(MIDI)対応
【フェーダー】60mm、9本(8ch 1Master)タッチセンス・ムービングフェーダー
【バンドル】CubaseLEおよびTASCAM GigaStudio3LE
【対応ホスト】Mackie Control、HUIエミュレーション、DP4およびSONARネイティブモードプラグイン

本体・送料:74,250円

さてCubase LEのバンドルはいかがなもんか?
こいつで練習っすね。っていうか事足りるかもね。
でも取り寄せなんで、今週末に来るかな?

◆ ニアフィールドモニターが到着

2008年02月18日 00:15

通販購入しTAPCO S5(ペア・アクティブ)が届いた!
小型とはいえ、今までのオーディオコンポのスピーカーと比べると、実にデカイ。
アクディブなんでズッシリ重い。
やはりオーディオ機器は重いと微妙に嬉しくなるね。
ルックスも気に入りました。

早速繋いで音をチェック。
エージングもちろんまだっす。

なんせ人生初のニアフィールドモニターなんで、自分の中で比較対象がないんだけど、雑誌・ネットの評価通り低音が出ますね。ズッシリとクリアーで素晴らしいっす。
リファレンスの一枚であるwill・i・am(songs about girls)のCDが低音に感謝してくれました。

そして、

・位相
・センター定位
・左右広がり
・奥行
・周波数

これらの重要項目は自分の実力不足にて解りません(T_T)。
現段階ではプラシーボ的に文句無し!ってところです。
今までの自分のMIXを聴いてみての一番の印象はハイの雑さ加減ですかね。
まあこれはモニターというより、使用機材との兼ね合いもあるけど、今後は良い方向に進めそう。

音量に関しては住宅事情もあるので、INPUTつまみの50%も出せない。
このサイズ以上のスピーカーは本当に宝の持ち腐れだと実感。

エージングも未経験にて、どんな作業が効果的か解らないが、下記を試してみるつもり。
エージング用MP3音源

◆ ワイド画面WXGA+(1440×900)寄り道 其の二

2008年02月17日 16:53

WXGA+対応用グラフィックボード購入に新宿へ向かいました。
既存PCにはPCI Expressが付いてないから、PCI用が選択対象なんだけど、今やPCI用は品数が非常に少ないな。

■某さくらや編
最初は駅近なんで某さくらやへ言ったけど、グラフィックボードは置いてないとの返答(本当ですかね?)。

■某ビッグカメラ編
次は向かいの某ビッグカメラへ。やはり玄人志向が安かったので、WXGA+対応について聞いてみた。店員の返答としてはメーカーはアナウンスしてないから自分で調べてみよとのこと。

■某ヨドバシカメラ編
最後はヨドバシカメラ新宿西口本店へ。
ここはさすがに商品種類が多かった(店がデカイ)。ここでも同じく玄人志向が安かったので、WXGA+対応について聞くとすんなり調べてくれた。
対応しているが同梱のDriverではなくて、最新版をチップメーカーHPよりDLしてくださいとのこと。

★★★俺の中では某ヨドバシカメラが品数・対応共に完全優勝しました。

【メーカー】玄人志向
【モデル】GFX5200-P128C
【GPU】nVIDIA GeForceFX5200
【コアクロック】250MHz
【メモリークロック】300MHz
【Video Memory】128MB
【Interface】PCI
【対応API】DirectX9.0、OpenGL

本体ボード:7,890円(税込)


ボードをPCIに装着するときに知ったんだけど、既存PCにはAGP Slotが付いてたんですね。
AGPも対象内だったら、もうちょい安いやつがあったかも…。まあ全ては自分の知識不足です。

気を取り直してPCIへ装着。
熱処理も考えて、以前から装着のオーディオインターフェイス(DSP24 value)と場所を入れ替え。場所を入れ替えた結果、こいつ(DSP24 value)のDriverも入れ直しなった。

その後チップメーカーのNVIDIAへDriver検索&インストール。

そっから実に3時間掛かりました。疲れた。
画面が映らない理由がBIOS設定にあると勘違いして、色んな設定のEnable、Disable、再起動を繰り返すこと2時間半。結局はデバイスマネージャでデフォルトのDriver無効化ですんなり。
まあ全ては自分の知識不足です。

今では健全にワイド画面で動いてます。

◆ ワイド画面WXGA+(1440×900)寄り道 其の一はこちら

◆ ワイド画面WXGA+(1440×900)寄り道 其の一

2008年02月12日 22:39

DAW用新PC用の19inchワイド画面のモニターを購入しました。
「人生初」が詰まった逸品です。

・人生初のフラット画面
・人生初の液晶でしかも人生初の表面ツルツル仕様

DAW用新PCは完全にDAW専用機にするので、その他の作業は既存の旧PCで行う予定なんだけど、省スペースを考慮して人生初モニター2台共有という、ハッピーな計画を立てました。

しかし、しかし迂闊にも、旧PCはWXGA+に対応していないではないか!
画面が横にビヨ~ンて伸びてしまい、プロパティを調整しても直らないじゃないか。
恥ずかしい話ですが、モニター同梱Driverで画面プロパティを設定するのかと思ってたけど、モニター同梱Driverなんて無いんですね。初めて知りました。

気を取り直して、解決方法を考えてみました。
我が旧PCにはグラフィックカードを積んでないので、グラフィックはマザーボードにオンボードです。
それじゃマザーボードのDriverをUPDATEすれば解決するかも!という淡い期待。

てなわけでPC内を巡回したんだけど、マザーボードの型番が分からない。
そこでLavalysのEVEREST Ultimateの30日フリー版をDLして、型番検索してみました。
このソフト凄いね。自分のPCのあらゆる情報が吸い上げられるわ。
無事型番をゲットできたんだけど、面倒は面倒な作業なんで、新規でPC買ったら最初に控えておくと良いと思った。そういう意味でBlogは良きDB。

【マザーボード】MSI KM4M-L (MS-6734 v1)
【マザーボードチップセット】VIA VT8378 UniChrome KM400
【グラフィックコントローラ】VIA/S3G UniChrome

ここからネットサーフィンで色々探したけど、DriverのUPDATEファイルにたどり着くまで苦労した。
おまけに途中で各種Driver情報を販売するUSのサイトに自分のPC情報を吸い上げられるミスも犯してしまいましたよ。

MSI社の型ならここから探せます。

サーバが凄い遅くてDLにスゲー時間が掛かったけど、何とかDL完了。
一応保険をかけてWindows上で復元ポイントを設定して、いざインストール!!!

結果は何も変わりませんでした。
まあDriverをDLするときに、それらしき説明が無かったから、そもそもWXGA+は未対応だとは思ってたよ。
でもここまで来るのに結構時間喰われたから、ちょっと脱力。

最後の道はグラフィックカード購入かな。
旧PCにはPCI-Expressがついてないから、PCIでWXGA+対応のボードということになるんだけど、結構高いね。
10,000円前後するね。横ビヨ~ン修正のためだけに10,000円はキツイな…。

・GA-6200A/PCI
・GX-6200/P128
・PCI6200AL

玄人志向とかはもうちょい安いことを期待して、今度量販店を覘く予定。
それまでは横ビヨ~ンで。

◆ ワイド画面WXGA+(1440×900)寄り道 其の二はこちら


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。