スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ Cubase AI4.5.2へ

2008年09月27日 16:52

Cubase 4.5.2のリリースがちょっと前にあったけど、別に4.5.1で困ってなかったんで、そのままにしてた。その間ちゃんと楽曲制作してまして時間もなかったしね。

今週は少々落ち着いたんで、4.5.2をインストール。
しかしながら俺ごときの使用範囲・技能だと、全く違いは分からないんだよね。
使ってく内に問題がでたら、バックアップ(4.5.1)に戻せば良い。

LCC(Licence Control Center)について、ちょっと初心者じみた気付きがあった。
Steinbergで動作確認している最新バージョンは5.4.8.11(08/09/01リリース)みたいだけど、前回4.1.3から4.5.1にUPDATEした際、面倒くさがってLCCは放置した。
それでも別にCubaseは動いてたんだけど、今回はLCCもちゃんと上記にUPDATE。
そうしたら今までCubase付属VST FXのプリセット表示が無かったものにプリセットが表示された!
やっぱプリセットは便利だ。Delayなんてプリセットが無いものとずっと思ってました。
LCCのUPDATEがプリセット表示の理由か判らないけど、結果オーライ♪。
(LCCをUPDATEしなくても、プリセットのチェック外→チェック戻を行えば、正常になった可能性は大)

なんにしろ今後は面倒くさがらずに、ちゃんとLCCもUPDATE必須だ。
誤解してたけど、ファイルを落としてきてインストールするだけで処理が完了する。
面倒なシリアル再設定処理とかは発生しないのだ。
スポンサーサイト

◆ 遠隔プロジェクトでのサーバ利用

2008年09月15日 18:56

昨今は光高速回線の普及で、遠隔プロジェクトは一般的になってるんすかね?

友人と宅録プロジェクトをゆる~く始めたんだけど、やっぱりネックはファイルの転送方法。
お互いWEBメールで送りあってるんだけど、送るのは待ち時間が長くで結構面倒。

根本解決にはならないけど、WEBサーバをアーカイブとして使っていくのが、現状ベスト案かなと。
そこで無料サーバを適当にネットでチェックしたみたら、ナイスがなのがあった。

■サーバの条件
1. 費用無料
2. 容量無制限
3. 1ファイルあたりの容量制限なし

3番はMP3のUPとか考えると非常に重要なんだけど、これについては微妙にサービス概要に記載がなくて、とりあえず使ってみて判明することが多い。
登録後、MP3ファイルをUPする段階で「駄目か~」って脱力モードが何度かあったな。
このブログのFC2社も良質なサービスを提供してると思うけど、WEBサーバに関しては3番が理由で諦めた(FC2さん、改善よろしくお願いします)。

そして上記1~3に対応してるのがTOK2サーバ
FTPでのファイルUPも問題なしのレスポンスだった。

※TOK2は広告エリアが多いので、通常のサイト用途だと厳しいと思う。TOK2は完全にファイルのアーカイブ格納サーバとして使ってます。そしてサイトのインターフェイスには広告枠の無いFC2を使ってます。

◆ プチノイズ(オーディオの切り貼り)

2008年09月07日 16:25

今更ながらなんだけど、オーディオファイルを切り貼りしたときの"プチ"ってノイズです。
今まで聴こえないふりをしてやり過ごしてたんだけど、2chに「クロスフェードで簡単にできるよ」発言あり。

Cubaseの場合(他のDAW状況は不明)、他のトラックに音が重なってればマスキングで気にならないレベルなんだけど、単独トラックのパートだとどうしても発音が気になる。

ちょっくらCubase AI4.5.1で試してみたら、あら簡単、そして完璧!
(もちろん単一のオーディオリージョンだと「クロスフェード」は使えないけどね)

2つのオーディオリージョンなら、両リージョンを選択のうえ、右クリックもしくはメニューの
【オーディオ】→【クロスフェード】で一発。

単一オーディオリージョンなら【フェードイン】か【フェードアウト】で同じく完璧。

ふふふ、これからは他人の宅録楽曲についても、プチノイズに関しては厳しい態度で臨んでやるのだ。

◆ MIDIファイルをドロップすると…

2008年09月06日 18:22

Cubase AI4.5.1、正式には4.5.1.270を無事UPDATE。
さすがにリリースから3週間経つとサーバも空いてて、10分以内にDLも完了。
普通に.exeファイルを実行したらインストールされました。

一応テストしてみたけど、いたって普通。
音が妙に尖った気がしたけど、多分これは気のせいかな。

それとVSTiからMIDIファイルをドロップすると、別のVSTiトラックが作成されてそこの貼り付けられて面倒だなと思ってたら簡単に解決した。
初期設定の【MIDI】→【MIDIファイル】→【ファイルタイプ0の場合はチャンネルを分割】のチェックを外す。

適応させた後に再度初期設定を開くとチェックが入ってるけど、これは無視でOK。


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。