スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ Trilian前夜祭 最後の生ベース!

2009年11月29日 20:10

その後到着したSpectrasonics Trilianだけど、まだインストールしてないんですね。
DVDディスクが5枚と追加音源ディスクが1枚の合計6枚セットで、まあ結構な量です。

一度途中までインストールしたんだけど、PC不良が発生して結局はロールバック。
その際、1枚のディスクに30~40分ぐらい掛かかったから、インストールに3時間強かかる。

そんな訳でインストールが後回しにして、メモリー増強をやってしまおうと思い、4GBメモリーを通販購入。
ついでにデータバックアップ用の外付けHDDも併せて購入。

インストールやメモリー増強は来週末作業になるので、とりあえずは作業途中の曲を完成だ。
Trillianインストールしたあかつきには、その後二度とベースを弾かなくる予感の中、最後の?生ベース楽曲です。

■あの鐘を鳴らして
スポンサーサイト

◆ 電源が犯人ですか???

2009年11月27日 17:30

ソフト音源のインストール中にエラーが発生。
その後CD・DVDドライブが動いたり、動かなくなったり。

WinのデバイスマネジャーにCD・DVDドライブが表示されなくなったんだけど、BIOS設定においてはドライブは起動したりもした。なんじゃそりゃって感じ。

そして結局全くOSに認識されなくなってしまった…。

しょうがないから放置して仕事に行ったんだが、戻ってみたらCD・DVDドライブが自然復活。
何回か再起動を繰り返したけど、問題ないみたい。

どうやら犯人はセラミックヒーター臭い。
ヒーターを点けなかったらサクサク軽快に動いた。

いつかやらないと思いながら電源周りはいい加減な設定なんだけど、それが原因か。
ヒーターの電源を入れてないのに、ヒーター電源を抜くとパソコンが「ピッ!」て発音したりするんだよね。

年末年始休暇はテスター買って、電源周りの極性合わせが必須かな。
最近は寒いのにヒーター使うのが怖くなった。

◆ 2009秋のモニター環境調整 其の参

2009年11月21日 20:28

2009秋のモニター環境調整 其の弐より続く

■試行錯誤Vol.5
本日、吸音材「SONEX VLW35」がSoundhouseより到着。
壁に貼り付ける前に仮設置してモニタリングしてみたけど、劇的な変化は感じない…。

多分この作業は一人でやると良く判らないと思う。
位置を変えるために立ち上がって色々調整してる間に、元音が脳内で上書きされてしまう。
本人は基本モニター位置に座りっぱなしで、別の人に動かしてもらうのがベストかな。

ただ折角購入したから6枚ほど壁に貼り付けてみた。
・スピーカーの後ろの壁に3枚
・背中側の壁に3枚

相当にプラシボだが、若干スッキリした感じかな?
確実に変わったのは、Slap Echoが無くなったこと。
縦長の部屋なんだけど、吸音材を貼った側だけSlap Echoが消えた。

全般的には悪くなった気はしないけど、最高!って感じでもないままに調整終了。

◆ ポチりましたぜ!Spectrasonics Trilian

2009年11月15日 04:06

Free VSTの愛好者としては「清水の舞台から飛び降りる」と言えば大袈裟だが、Spectrasonics社の「Trilian」をポチった!
円安だし海外通販と迷ったけど、差額のインパクトは余りないと考えて結局国内通販にしました(差額は5~6,000円ぐらいかな)。

Trillian

それにしてもバーチャルの世界も凄いレベルになったもんだ。
オフィシャルのデモ動画(英語)を観てちょいと感動しました。

購入ボタンを押すまではVIR2社の「BASiS」に決めてたんだけど、ソフトウェアは新しいに限るかなと思って急遽Trillianに変更。

後は使いこなせるか?だが、動画を観る限りは自信が無くなる程機能がありそう。
日本国内発売が11/26(木)予定だから触るのはまだ先だが、「元を取るほど使い倒せ」っていう程は高くないってのがDAW時代の恩恵だな。

そして話は変わるが、夜中の通販は恐ろしい…。
勢いあまって作業用メッシュチェアーと吸音材も同時にノリでポチってしまった。
Trillianと併せて合計78,000円の出費。

◆ xln AddictiveDrums 音色プリセットをチェック

2009年11月03日 22:52

現在のDAW作業においてドラムのソフト音源は絶対的に欠かせないアイテムだ。
その中でxln社のAddictiveDrumsがお気に入り、とういかそれしか持ってないのだがね。
そんな訳でAddictiveDurmsのプリセットの音色を再確認です。

AddictiveDurmsは一から音が作れるけど、それはそれでMIXノウハウが要求される。
そこは合理的に進めたい自分の場合はやはりプリセットでイメージに近いものを選んで、それをエディットするが近道だったりする。
よってプリセットの内容把握は結構重要です。

AddictiveDurms編集画面

ドラムは各トラック混ぜたときの"抜け・存在感"が重要だから単体(ドラム2mix)でサンプルを聴いても判断が難しい。
そこでxln AddictiveDrumsの音色プリセットパターン各種と上モノオケを混ぜたサンプル音源を作ってみた。
部外者の自分がわざわざやる必要も無い作業だけど、最近弛んでいる楽器演奏の練習を兼ねてということで。暇人ということです。

ドラム用プラグインでAddictiveDrumsを検討中の人は参考にどうぞ。


■AddictiveDrums音色プリセット・サンプル音源
プリセットによって物理音量が違うが、そこは調整していないので脳内調整ということで。





※2小節ごとに音色プリセットを変更(ドラム以外は2小節ループ繰り返し)
※プリセットはオリジナル設定のままドラム2mixをホストへOUT
※ドラム2mixのDAWホスト側設定は0dBで固定でEQ、コンプ等は無し
※ADの各カテゴリーから1プリセットを適当に選択(選択に意味は無し)

0:12~ Sonor kit (内部FXを全てOFFの素の音)
0:25~ DW kit (内部FXを全てOFFの素の音)
0:37~ Tama kit (内部FXを全てOFFの素の音)
0:50~ Pearl kit (内部FXを全てOFFの素の音)
1:02~ Start UP (デフォルト基本プリセット)
1:14~ Plan-Three-Collision
1:26~ NM-BigandSmall
1:39~ Low Funk hard
1:51~ AM-T
2:04~ Lower thanUsual w.Room
2:16~ Bloc Drum
2:28~ Bone Dry
2:40~ Air Breaks RD
2:53~ Metal Lick
3:05~ Ambiento
3:18~ 70s Rock kit
3:30~ Funky Drummer RD
3:42~ Sloppy


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。