スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ Zenn ZD75 1ヵ月後

2010年06月30日 19:25

「全く鳴らない」状態で届いたアコギ(Zenn ZD75)だけど、部屋の外気に晒して約1ヵ月たった。
やっぱり鳴りは変わるもんで、徐々に鳴り出してきた。
1ヵ月経ったらマーチンクラスに変貌!ってなことにはならないけど、お値段以上の音になってきた。
ネットの評判通り作りは相当にまとも。

ナットやブリッジの状態は調整不要だったので、あとは弦ゲージをどうするか。
昔の記事でライ・クーダーが「ギターは可能な範囲ギリギリまでテンションを落とした方が良い音がする」って言ってたな。

0.12だとちょっと弦テンションにBody鳴りが負けてる気がしたので、0.10の極細を張ってみたけど0.10だとちょっと弱いかな・・・。

張ったばっかで交換するのも面倒だし勿体ないので追々になるけど、今後は下記を試してみる。
・0.12で2音下げ、1音下げ
・0.11で1音下げ、レギュラー

目指せ「押尾コータローの音」です(無理だけど)。
スポンサーサイト

◆ Cubase 5.5.0に更新

2010年06月24日 21:14

とりあえずCubase 5.5.0がリリースにて5.1.1からアップデートしてみた。
GUIが結構変わってしまってバリバリ違和感がある。
まあ慣れの問題だけど、現時点では好きになれませんな・・・(5.1.1良かったのにね)。

システム内部の更新は「マルチコアCPU環境にも最適化」が目玉らしい。
まだ本格的に触ってないから有効性が判らないけど、今の時代、自分のようなC2Q(Q6600)4GBセットでサクサクはもう無理っぽい。
微妙に動きがモッサリした感じは否めない。
ただ低レイテンシー設定に有利らしいから、レイテンシー設定のベストポイントを再度探ってみたい。

あと自分は32bit OSなんで無関係なんだけど、64bitの人達には待ち待ったVST Bridge性能向上なんだろうね。
これを機会に自分も64bit OSに移行しようかなと日々BTOの見積もりと睨めっこ。
メモリ8GB~12GB搭載を目安にすると13~15万円といったところか。

◆ Soundhouseブランド Zennアコギ

2010年06月06日 00:00

宅録野郎としてアコギを所有してないのがちょっとね・・・。
分っちゃいるけども、昨今「楽器」と言えばプラグインなわけで、その値段に慣れるとなかなか物理楽器に手が出ない。
そんな中SoundhouseブランドのZennのアコギのネット評価が高かったので冒険してみることにした。
アコギとかこだわりだすと20万とかするから、完全に割り切ってます。

DAWで音色エディットを前提に"ZD75"をチョイス。
「傷有り」が5,000円値引きだったので、そいつを通販してみた。

結果的には「・・・。」
全くもって鳴らない。鳴らな過ぎてピックの音が目立ちまくる。
Soundhouseの動画だと結構良い感じなんだけな。

ここは楽観的に考えないと胃が痛むので、ちょっと寝かしてみる。
多分工場でパッキングされた後、ビニールに包まって倉庫とかに置いてあったとすると、外気に出して1週間程で改善されるのではと期待。

アコギは久々だったけど、改めて音がデカイな。
時間帯を気を付けないと、刺されるわ。

◆ 城南海

2010年06月05日 00:39

全く知らなかったがテレビで「城南海」なる奄美出身のシンガーが唄ってた。
DTMやってるとついつい演奏力を機械に頼って退化が著しいけど、やっぱ生演奏力は重要っすね・・・。

ってDTMにこじ付けてみたけど、実はそんなのどうでもいい。
単純に、且つ強力に可愛いすぎる。
そして本当に楽しそうに唄うね。

岩清水じゃないけど、死ねるよ。
「君のためなら死ねるリスト」に追加した。



こっちの「ピアノ」って曲は良い曲ながら突っ込みどころがあって面白い。
0:51~のマイク両手持ちと、1:24~の人差し指。
あんたアイドルじゃないんだからさ。
でも舌足らずなしゃべりがアイドル並みに可愛いから萌えってことで。



最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。