スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ Nomad Factory British Bundle

2010年11月29日 22:39

もはや日常化してるEastWestの半額セールのお知らせきたので、やっとこさQLSO Gold($195.00)をポチった。
そして購入時に"Nomad Factory British Bundleもたった$15.00だぜ!"宣伝に負けて、こっちも追加で購入。



Nomad Factory British BundleはパラEQとComp/Limiterのセットで、別にEQもCompもそれ程欲しかったわけじゃないんだが、まあ$15.00ならモノは試しという感じで買ってみた。

■British Bundleセット内容
British MCL-2269 - A Master Compressor Limiter modeled from the legendary 2254 compressor.
British NEQ-1972 - A Four-Band equalizer modeled from the classic-vintage 1081 EQ module.

QLSO Goldはパッケージの郵送だから届くまでお預けだけど、British BundleはDL販売でAuthorizationコードが購入直後にメールされてきたので早速テスト使用。

British Bundleは両モデルともヴィンテージのシミュなんで完全に"味付け"系です。
特にBritish MCL-2269のComp/Limiterはかなり歪むし、すぐ歪む。
よってクリアー系を求める場合はお呼びじゃない感じ。

自分が持ってるComp/LimiterはCubase5付属、IKのFairchild系Model 670、Brickwall Limiterしかないから、歪み系としてはBritish Bundleの出番もありそう。

歪みなら「ディストーション掛ければいい」って話もあるけど、コンプ系での歪みもそれはそれであると便利なんでね。

こういう歪み系は普通ドラムやベースに使いそうなもんだけど、何故かピアノで試してみた。
ピアノの方が歪みの感じが判りやすいかなと。
最初の8小節はCubase5付属のCompで通常処理。次の8小節をちょっとオールドチックに味付け(NEQ-1972も掛けてます)。
こういった質感が$15.00でワンタッチってのはお得だね。

スポンサーサイト

◆ Cubase5.5.2 プリセットが表示されない

2010年11月19日 00:05

Cubaseを5.5.2にUPDATEして何も問題ないと思いきや、Cubase付属の全VSTのプリセットが表示されなくなってた。
VSTiとVSTfxの両方とも。
ギター・ベース系出身の自分としては、シンセ系はプリセットが出ないと辛過ぎる。一から音なんて作れないっす。
早々に修復せねばね。

■環境
環境によってこの問題の出る・出ないがありそうだけど、自分の環境は下記。
・Win XP(32bit)
・Cubase5.5.0から5.5.1を経由せずに5.5.2にUPDATE


■対策1:MediaBay
MediaBayを開いて左下のボタン(ウィンドウレイアウトの設定)をクリックすると、チェックBOXが表示されるので、「検索先を指定」にチェックを入れる。
すると左側に検索するフォルダ一覧が表示される。
ここで「ファクトリーコンテンツ」にチェックを入れてから再スキャンボタンをクリックすれば良い。
もし既にチェックは入ってるなら、一回チェックを外してから再度チェックを入れて再スキャン。

通常ならこれで修復完了なんだけど、自分の場合は何かがおかしくなってて、「ファクトリーコンテンツ」にチェック入らない!


■対策2:システムファイル
Windowsの場合、エクスプローラーで下記のファルダを開く。
C:\Documents and Settings\Owner\Application Data\Steinberg\Cubase (Studio)5

この中の下記4ファイルを削除する(Cubase立ち上げると再生成されるので削除してもOK)。
・FileSysObserver(.xml)
・MediaDefaults(.xml)
・MediaFactoryDefaults(.xml)
・mediabay3(.db)

削除したらCubaseを立ち上げて、対策1を再度実行すると修復完了。
ちなみにmediabay(.db)ってファイルもあるんだけど、5.5.2で使わなくなるので一緒に削除でOK。


■対策3:RoomWorksとRoomworks SE
上の修復処理を行うとCubase付属のVSTのプリセットは復活するんだけど、RoomWorksとRoomworks SEだけは直らない。
その場合は下記を参照にて。
http://www.distribution-steinberg.jp/support/faq/entries/cubase_5_cubase_studio_5/cubase_5_cubase_studio_5vst/001977.php

◆ Cubase5.5.2更新

2010年11月15日 01:32

Cubase5.5.0→Cubase5.5.2に更新。
更新後の感触は「特に変化なし」。
自分の使い方だと、更新前も特に不具合とか発生してなかったんで、変化なしって感じ。

ついでにPODxtのドライバー&ファームウェアも更新。
→Monkey1.34
→Driver4.1.1.7
こちらも特に変化なし。

そして今週末に動きだしたコラボ制作。
3名と「とりあえずやってみよう」ということになり、幾つか制作してファイルを送ってみたけどレスが戻らん・・・。
レスがないって気持ちが寂しくなるのね (T_T)。

◆ Let's コラボレ~ション!

2010年11月12日 01:27

超オタク的なんだけど、最近のハマりはネットでのコラボメンバー募集。
その昔の「Player誌」のメンバー募集の懐かしさが蘇ってくる。
昔も今も返信レスが戻ってこないのは基本だけど、珍しくレス戻りがあってコラボることになった(約3/60)。

顔も見たことなければ、生声も聴いたことない人とファイルのやり取りで楽曲を作り上げてく訳だが、改めて凄い時代になったもんだ。
そんな訳でコラボ開始前にちょっとした緊張感を味わってます。

今まではバンド活動やDTMコラボでも相手はリアル知人・友人になるわけだけど、やっぱり知人・友人だと「音」だけの純粋な判断ではなく、関係性総合での判断になる。
ただしネット上の面識無い人が相手だと、純粋に「音」のみで判断される訳だ。

どっちが良い・悪いはないけど、「音が全て」として評価を受ける世界は潔い。
高い評価を得たいという欲もある。
もし良いアイデアが湧いてこなかったら?って恐怖もある。

自己満足も満たしたいし、他人の評価も得たい的なDTMライフ2010。

◆ SR400 燃費

2010年11月03日 23:44

完全にDAWと無関係の話ですが、自分用のメモも兼ねてSR400の燃費について。

日本、特に東京の世界一の"電車システム"は大変優秀なんで、移動は電車派です(本・雑誌も読めるし)。
ただバイクは乗らないほど傷んでいくので、先日の車検後はなるべくチョコマカと乗るように心がけてる。

すっかり乗ってなくてSR400の燃費目安をガン忘れしてたから、ちょっと計ってみたら、約18.5km/ℓ(完全街乗りオンリー)だった。
リザーブ容量は2ℓなんで、リザーブ切替から約36kmは街乗りでも走るってことっすね。

※燃料タンク:12ℓ(内リザーブ容量は2ℓ)

Google先生によれば、自分の住む三軒茶屋から新宿は約8km。リザーブ状態でも往復余裕っすね。
目安としては三茶~川崎が約18km。リザーブになるとビクビクしてたけど、街乗りでも結構走れることが分ってスッキリ。


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。