スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ GSnapでケロる(各種パラメータ)

2009年10月25日 01:08

昨今のケロ声ブームもあり、ピッチシフト系のFree VSTではGVST社の"GSnap"が有名なんですかね。
有料無料問わずピッチシフト系は使ったことが無かったので、使い方を理解できずに放置していたが、ここはブームにのって使い方ぐらいは覚えておいて損はないかなと、ちょいとテストしてみた。

今回試してみて使い方を理解できた部分があるが、依然として不明のパラメータもあったりするのが微妙っす。

■パラメータ
GSnapのパラメータ構成は「鍵盤GUIのノート選択」、「Detection」、「Correction」、「MIDI」、「Calibrate」となっている。

GSnapスクリーンショット

■Detection
これはフィルター感覚でエフェクトを掛ける対象範囲を設定するパラメータになる。

・Min Freq
ハイパスフィルター感覚で、設定の周波数以上をピッチシフト対象とする。40Hz~2kHzの可変だが、例えば素材の全てにエフェクトを掛けるなら左一杯(40Hz)にすればよい。

・Max Freq
こっちはローパス感覚で、設定の周波数以下をピッチシフト対象とする。同じく40Hz~2kHzの可変。素材の全てにエフェクトを掛けるなら右一杯(2kHz)にすればよい。

・Gate
名前の通り、素材音量(dB)に対してのゲートになる。-80dB~-10dBの可変で、右一杯(-10dB)にすれば、-10dBより大きい音の素材でないとエフェクトが掛からない。

・Speed
多分元音からエフェクト音までのシフトスピードだと思われるが、このパラメータは良くわからんかった…。1~20の可変。


■Correction
これはコンプ感覚でエフェクト内容を設定するパラメータになる。

・Fixed ModeとMIDI Mode
「Fixed Mode」を選択すると、スケール(ダイアトニック全般)選択が可能になる。
例えばC Majorスケールを選択すると、鍵盤パラメータでC Majorの音だけが選択状態(白)となる。
変則スケールにする場合は鍵盤パラメータ上で設定したい音をクリックすれば、各ノートの選択(白)もしくは解除(グレー)ができる。

ここで設定したノート(もしくはスケール)に素材がピッチシフトされることになる。

・Threshold
設定ノートからピッチ(cent)単位でエフェクト範囲を設定する。5cents~600centsの可変だが、このパラメータはGUIが追随するので触ると解ると思う。

・Amount
ピッチシフト量を設定する。0%~100%可変で、当然0%なら効果はゼロになる。

・Attack
コンプと同じでエフェクト開始のタイミングを設定する。1ms~300msの可変。

・Release
こちらもコンプと同じで、エフェクトの停止タイミングを設定する。1ms~300msの可変。

・「MIDI Mode」選択
「MIDI Mode」では任意の音程とタイミングで音をシフトできるけど、GSnapの設定以外にDAWホストの設定が必要になる。
自分はCubaseユーザなんで、Cubaseでの「MIDI Mode」利用方法はこちらを参照。


■Calibrate
これはグローバルのピッチ・ファイン調整。デフォルト440kHzで430~450の可変。


■効果について(Fixed Mode)
基本的にはFixed Modeで設定したノート(もしくはスケール)に含まれる音に一番「最寄音」にシフトされる。
まずはエレピ(プラグイン)で試してみた。

「ドレミファソラシド」のC Majorスケール素材にD Majorスケールを指定してみた。
ここで注意なのは設定スケールの「最寄音」にシフトはされるが、音の度数に従うわけではない点。

・C Majorスケール
「ドレミファソラシド」

・D Majorスケール
「レミファ#ソラシド#レ」

度数に従うなら「レミファ#ソラシド#レ」として鳴ってほしいが、実際にシフトされた音は「シレミファ#ソラシド#」になった。

元1音目「ド」の最寄音が「シ」なので、結果としてI度ではなくVII度の「シ」にシフト。
また元2音目「レ」の最寄音は「レ」なので、結果としてII度ではなく、I度の「レ」がそのまま鳴る(シフトされない)。

シフト図

ただこれは素材音源に依存し、素材がシャープ気味かフラット気味かで結果は変わる。
もし元1音目「ド」がほんの若干シャープ気味だった場合は、「シ」より「ド#」の方が最寄と判断して「ド#」にシフトする。

試しに自分の声でも同じことをやってみたが、声の様に素材ピッチが不安定だと、最寄音の検出が変わるのでシフトされた音は「ド#レミファ#ソラシド#」だった。
つまり最初の「ド」がシャープ気味だったために、「シ」ではなく「ド#」にシフトされたということだ。

「MIDI Mode」も使えばかなり思い切った音程とタイミング設定が出来るはず。

そして何といっても素晴らしいのはGSnapがFreeってことっすね!
そしてFree大好きの私は同社のGCompにも大変お世話になってます。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jskc4daw.blog52.fc2.com/tb.php/107-0641e827
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。