スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ IK Multimedia T-Racks

2010年03月07日 02:51

久々に逢った友人(プロ制作者)から「T-Racksはイケてる」って薦められたので、ちょいと手を出してみた。
人生初の有料プラグイン(エフェクト)の導入!

T-RacksはDeluxeとStandardの2種類あるんだけど、どうせ全てのプラグインは使わない(使いこなせない)と思い、どのシリーズにするか悩んでみた。
特にMulti-bandのコンプやPultec EQP-1AモデリングのEQは使い方が難しそうと弱気な判断で、まずはSingle版(単体)からの導入で決定。

そこで最も使用頻度の高い順にお薦めを聞いたところ下記の3種とのこと。

・Brickwall limiter
・Compressor/Limiter model 670
・Opto compressor

まあコンプ系をいきなり3つも導入してもしょうがないので、上の2つを選択。
実機なんて見たこともないけど、Fairchild 670は雑誌なんかでよく見るので、ミーハー気分でチョイス。
後は一番のお薦めだったBrickwall limiterにしてみた。

今時なんでパッケージは要らないし郵送の時間も掛かるので、Download版です。
為替的にはユーロじゃなくてドルで決済したかったけど、IK MultimediaのOnline通販がユーロ決済なんで、€74.99 が現状価格(現在為替だと9,300円ぐらい)。

9,300円×2個 の元が取れるように頑張っていきたいと思います。


■Brickwall limiter
Brickwall limiter

早速テストがてらに使ってみたけど、一言でいえば「超楽!」。
マスターにインサートしてプリセットを選択すれば、元2mixの印象を変えることなく押し出してくれる。
相当に音圧を突っ込んでも、グチャグチャにならずにダイナミクスを保てるのは流石!
ThresholdとRatioが無いので難しく考えずに使えちゃいます。
これで楽をするとコンプの勉強にはならないけど、本職エンジニアではないDTM野郎にとっては頼もしいプラグインっす。


■Compressor/Limiter model 670
Brickwall limiter

Brickwall limiterと違って、こっちは使い方に修練が必要か。
Modeからして「Left/Right」、「Link」、「Lat/Vert」がある。

・Left/Rightは名前の通り、Stereoの左右チャンネル独立
・Linkも名前の通り、Stereoの左右パラメータが同期
・Lat/VertはM-S方式で、Center(Lat)とSides(Vert)が独立設定できる

最近の流行?のM-Sモードは使いこなせないな…。

その他Knee(Softness~Hardness)用パラメータの「DC」や、Release用パラメータの「CONSTANT」と名称がちょいと独特。
「CONSTANT」は1~4が単体トラック向きで、5~6が2mix向きらしいけど、この辺りの癖は数をこなさないと最適値が実感できなさそう。

一般的には670は積極的な音作り用のコンプと言われてるらしいが、テストの簡易チェックでは良い意味で結構自然な感じ。
ドラム2mixに強めで設定してみたけどバランスが崩れてグチャグチャになる感じが無いとこが凄い。
「ナチュラルなんだけど派手」っていう絶妙なバランス。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jskc4daw.blog52.fc2.com/tb.php/124-df22883c
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。