スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 微妙に躁鬱 ピアノ音源

2010年04月26日 12:23

まさにManic Depression、ピアノ音源を巡って躁鬱なマインド。

やはり一人前のDAW野郎になるには、ちゃんとしたピアノ音源が必要だと思い3日ぐらい悩んでみたけど、「どの道いずれは使うんじゃい、ボケ!」と夜中に突如、躁状態となってポチってしまった。

Modartt Pianoteq 3.6
Electric Piano add-on
  • Modartt Pianoteq 3.6
  • Electric Piano add-on


Modartt本家
で購入するとDL販売になるので、即利用が可能になる。
インストール&アクティベーションは10分以内で終わる手軽さがナイス。

早速使ってみたけど、さすがにモデリングなんで超速・軽い。
音色読み込み(切替)は約1秒ぐらい。
演算でCPU(環境:C2Q)を使いまくるわけでもなく、動作は快適そのもの。

そして肝心の音ですが、こいつは参った(T_T)。
ちなみに自分はギター、ベース出身にてピアノは片手チマチマ野郎です。

本家のデモに感動して購入に至ったわけだが、自分に演奏力が無いからか「こうもショボイか」っていうぐらい、本家デモな感じにならない。
違うプラグインか?って思うぐらい違う。

考えてもみれば、初心者ヴァイオリンがノイズ音害にしか聴こえないように、初心者ピアノが活き活きとする訳が無い。
しかしながら現実にはDAWはやりたいし、良い感じのピアノも表現したいわけですよ。さてどうしたもんか。

ここはアリシアさんにでもプロポーズするべきか?
でもサンプリング系を導入しても同じ結果になりそうだしな・・・。
貧乏サラリーマンの憂鬱。



■後日使用後の感想
その後ですが、ちょっと気分が盛り上がってきた。

StandaloneではなくDAWのVSTiとしてPianoteqを立ち上げたら、良いじゃない!
またもや印象が変わった。

ピアノを弾けない自分がStandaloneで弾くと、必然的に寒い演奏にしか聴こえないけど、オケに混ぜて使うと結構良い感じじゃない!
まあ、あくまでアレンジ(打ち込み)が間違ってなければってとこだけど。

オケ内だとちゃんと抜ける音だと思った。
特にVelocityがサンプリング系とは違って細かく設定できるので、そこらが胆っすね。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jskc4daw.blog52.fc2.com/tb.php/131-6def9a3c
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。