スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ Let's 生ドラム・プロジェクト 其の四(H4n録音)

2010年05月24日 03:18

@リハスタで生ドラムをZoom H4nでテスト録音してみた。

■リハスタ
中野区新井薬師にあるStudio LifeのAスタ(約10畳ぐらい)。
広くないので結構残響のある部屋。
さすがにリハスタなんで「録音用」って響きではないな。

■ドラムセット
Sonorのセット(型番は不明)。シンバルが安物で割れてたりするのが残念。

■録音機材
Zoom H4n
・内蔵マイク(ステレオ指向角90°)
・Stereoモード(WAV 24bit 48kHz)
・録音レベル「2」
・内蔵Limiter利用(タイプ:Studio)

■テスト録音の意図
1. ベース同時録音を想定してるが、演奏に支障をきたさないギリギリまでベース・アンプ出力を下げた場合のAirマイクへの被りを確認する。
2. 内蔵マイクのみを使って、どこまで"オン"な音像で録れるか確認する。
3. なるべく立体感を出すために「音圧&前面張り付き」感を避ける(よって録音レベルは極小の「2」)。

■H4nセッティング位置
ドラマーの背後右側の肩越からスネアを狙う感じ。

■H4n生音(未加工)


■DAWで加工


部屋の響きとドラムセットの兼ね合いからクリア・透明系の音はちょっと無理かなとういのが結論。
よってDAWで荒めのロック系に調整してみた。
シンバルがもっと良いやつなら高域を綺麗に聴かせる加工が出来るかも。

■結論
H4nでリズム録りは行けると判断だ。これで相当に軽装で録音に臨めそう。

録音レベルを「2」より上に上げてのテストもやってみたけど、当然クリップするから内蔵のLimiterをON。
その場合かなり迫力は出る!しかし「コンプ掛けました」感が強くなるので、アレンジ方向性次第かな。

スタジオ鳴り、ドラムチューニング、H4n設置位置(マイク方向)、録音レベル設定をもう少しシビアに行えば、かなりのドラムトラックが録音できると思う。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jskc4daw.blog52.fc2.com/tb.php/138-842fd376
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。