スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ アクティブモニター用ケーブル

2010年07月31日 15:46

アクティブモニター用ケーブルなんて繋ぎっぱなしだがら全く気にしてなかったけど、ふと見たらマイク用ケーブルだった。
Providence社のR301ってケーブル。
DTMを始めた当時、何故にこのマイク用ケーブルを選択したかは憶えてないけど、多分頭がそこまで回ってなかったのかな?

そんなんでちょっくら別の試してみようかなとケーブルを購入。
BeldenとZAOLLAが有名そうなんで検討してみたけど、Beldenの方が安かったんでBelden 88760を購入。
送料含めて2.0m x 2本で6,800円。

早速繋いで試聴してみたけど、まあそんな劇的に変わるわけじゃない。
部屋の音響、スピーカー、Auido I/Fが同じ環境で激変されても困るっちゃ困る。

繋ぎ替えに時間差があるし、全くもってブラインドテストじゃないから多分の思い込みが入ってるけど比べてみての印象。

■Providence R301
リスニング用途であればマイク用とはいえアクティブモニターに繋いでも悪くない。
ローが若干膨らむからロック的にキックとベースがかっこ良く聴こえる。
ハイの方はマイルドなんで聴いてて疲れない。

■Belden 88760
自分が慣れた感覚だとローが減退してハイが上がって聴こえるけど、フラットってことだろう。
リスニング用途だと楽しさが減るけど、DTMには良さそう。

多少後ろ髪を引かれながら、DTM向上を目指して当分はBeldenでいってみようかなと。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jskc4daw.blog52.fc2.com/tb.php/147-3d0a3475
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。