スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ Cubase AI4.1.3とFW-1082の連携

2008年04月03日 07:17

知識不足が原因にて、FW-1082でCuase AI4をコントロールできなてなかったが、何とか解決しました。
症状としてはFW-1082のフェーダー操作で音程ピッチが上下したり、各種ボタンを押すとMIDI音源が発音する状態。
初歩的な知識不足だったんだけど、Cubase側でリモートデバイス追加を設定してやる必要があった。
この辺りの処理が抜けてたから、結構回り道しました。

■ちなみにサポートの対応(返答)
・TASCAM:YAMAHAに聞け(返答戻り時間:1週間)
・YAMAHA:Cubase設定 デバイス>デバイス設定>MIDIポートのセットアップ>FW1082 Control>All MIDI Inputsチェックを外す(返答戻り時間:1日)
・2ちゃん:YAMAHAと同じ内容のレス(返答戻り時間:数時間)

■対処1
Cubase設定 デバイス>デバイス設定>MIDIポートのセットアップ>FW1082 Control>All MIDI Inputsチェックを外す
これによって誤動作が止まった。コントロール系のMIDI信号送信を停止したので、フェーダー操作で音程ピッチが変化したりはしなくなった。
でもこれでは、コントロール系操作が自体が正常化したわけではない。

■対処2
コントロール系操作のMIDI信号を送るには、MIDIポートのセットアップとは別に、デバイスを追加設定が必要になる。
これに気づくのにスゲー時間が掛かりました。
Cubase設定 デバイス>デバイス設定>+ボタン(リモートデバイス追加)

■対処3
FW-1082はCubase「4」系統にネイティブ対応じゃないので、リモートデバイス追加一覧では表示されないので、代替デバイスを追加しくてはいけない。
ここでのデバイス選択とFW-1082側のControl Protocol設定とのマッチングが要です。

どんなマッチングでも、Cubase側の下記の設定は共通になる。
・MIDI入力:FW1082 Control
・MIDI出力:FW1082 Control

■マッチング
色んな組み合わせを試したけど、「完璧」はなかったな(見落としがあったら教えてほしい)。
・特定のチャンネルだけ動かない
・特定のチャンネルのみ動く
・機能は使えるけど、ボタンが光らない
・一部使えない機能ある(例EQ)
・分解能が悪い

こんな中で、俺なりのベストマッチングは下記です。
Cubase側デバイス追加:Mackie Control、Tascam US-428(両方設定)
FW-1082側Control Protocol:Cubase SX/Nuendo

この設定だと一通り機能は正常です。が、分解能が悪すぎる。
EQゲインなんて、いきなり1.5dBづつ増減するし、PANも100分割に対して6が最小値になる。

対処としては、EQとPANツマミを触るときだけ、FW-1082側Control Protocolを「FW-1082 Native」にする。
EQとPAN以外の動作は不備があるけど、分解能はましになる。

これでFW-1082とCubase 4系統が共存です。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jskc4daw.blog52.fc2.com/tb.php/22-08a44bd0
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。