スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ レコーディングエンジニア

2008年10月19日 01:27

友人からの依頼で、とあるプロバンドのプリプロデモ録りの手伝いを頼まれた。
俺自体はアマちゃんで、自分のバンドのデモ録音ぐらいしか経験が無かったんだけど、それでもOKってことだったから二つ返事で引き受けた。
結果お小遣いまで貰っちゃって有難き体験。

しかしながらレコーディング自体は冷や汗の連続で、超反省なエンジニアリングだった。

宅録って自分一人で完結だから、単体楽器を直結で済んじゃうし、ルーティングやらモニターやらって不要だけど、今回の録音はコントロールルーム付ですよ!
そんな中で基本的に卓&MTRのルーティングを理解していないことが浮き彫りです。

今回難しかったのはDrumsだけ事前に録音してあったから、バンドメンバー全員で生音聴きながらの一発録音が出来なかったことにある。
よってモニターが重要、とういうかそれが無いと始まらないんだけど、レコーディングルームへモニター信号を返せない!
あーだこーだと、なんとセッティングに2時間近く消費。
その時のメンバー達の不安そうな顔、そしてそれ以上に不安そうな俺の顔…。

結局あきらめてMTRをレコーディングルームへ移動して、楽器直結方式に切り替えた。
コントロールルームのレンタル費用が…。
MTR楽器直結自体はありだと思うけど、音作り作業が犠牲になったし、メンバーへのモニター返しが酷かったと思われる。

■今回、全くもって至らなかった点
・卓からMTRへパラ出しのルーティング方法
・ルーティング用ケーブルの不足
・MTRからの卓へのモニター音とマスター音の分離送信方法
・モニター音をレコーディングルームへ返す方法
・卓操作全般(ダイレクト音とチャンネルスプリット経由の音の扱い方)

メンバーの皆さんは気を使ってくれて、助かりました。
あそこでメンバー達にムスっとされてたら、胃に穴が開いてたろうね。
なんとか無事にミックスまで完了しました。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jskc4daw.blog52.fc2.com/tb.php/56-f89ea81e
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。