スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 2009年モニタースピーカー(TAPCO S5)調整

2009年01月13日 02:14

「音に良いことは何でチャレンジ」がDTMの基本理念だとは思うけど、いざとなる中々腰が重くなる。
今回は前から気になってたスピーカー位置調整2009年版です。

使用モニタースピーカー:TAPCO S5

前から低域の一部が聴こえないのが気になってたんだけど、部屋のレイアウトや机の関係上、どうしようもないと放置だった。
やっぱ放置は良くない。結果的に大改善されたんだけど、早くやっとけよって反省です。

今までは壁と机の関係で、スピーカーと顔の距離が約90cmぐらいで、耳の高さはツイーターぐらい。
120cmぐらい距離をおいて、耳の位置をメインスピーカーぐらいに下げると、何となくベスト位置だとは思ってた。
ただ机サイズの関係で90cm以上は離れられないので、距離は妥協で高さを変更することに。

レンガ横3段積みの上にスピーカーを置いてたんだけど、縦積みに変更。
1レンガあたり4cm高くなるので、4cm x 3段で12cmの高さUP。
結果的に耳の位置がツイーターとスピーカーの中間ぐらいになった。

TAPCO S5はHighとLowの補正EQがついてるんだけど、迷った結果、下記に設定。
・High(5kHz以上を-2, 0, +2dB選択):フラット
・Low(100Hz以下を0, +2, +4dB選択):+2dB

Lowの+2dB設定は距離(90cm)が近いことを考慮した点と、ヘッドフォンでのリファレンスで聴こえない部分があったから。
下記がそのチェック環境。
・ヘッドフォン:SONY MDR-CD900ST
・リファレンスCD:Me'Shell Ndegeocello "Peace Beyond Passion" Tr3 Deuteronomy: Niggerman

この曲はヘッドフォンだとキックの余韻(胴鳴りっぽい)が聴こえるんだけど、スピーカーだと聴こえない。
Lowを+2dB設定でも、結局聴こえないんすけどね。
このキックの余韻の周波数ってどの辺りなんだろうね?サブソニックな超低音なのか…。
全般的にその他の低音で違和感はなかったんで、ここは良しとすることにした。
まあもろもろDAW作業をやったらLowもフラットに戻す可能性はあるかな。

何にしろ、大分改善ですよ!
スピーカースタンドとかに金使う前にDIYしてみるのは重要だ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jskc4daw.blog52.fc2.com/tb.php/65-7ae9ea98
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。